AGAの症状についての解説

AGAの原因についての記事は読んでいただけたでしょうか。

AGAの対策についてや副作用についても説明していますが、AGAは解決することのできる症状です。

治療の期間はだいたい半年以上はかかるとされていますが、多くの方が半年から1年程度で改善することができるといわれています。

またAGAクリニックによる治療方法以外にも、育毛剤や発毛剤、養毛剤を使ったような治療方法も存在しています。

今回はまずAGAがどんな症状で、どんな症状だったら自分はAGAに当てはまるのかどうかということをわかりやすく理解しやすい形でご紹介していきます。

読者の方は10代から50代、60代の人まで幅広くいらっしゃると思いますが、

どの世代の方にも共通してありうる症状なので、安心して読んでみてくださいね。

AGAはどんな症状?

AGAは男性型脱毛症といわれる症状で、ハゲや薄毛に悩む男性のほとんどがこのAGAという症状に当てはまると言われています。
特に40代になると30%以上の方がこのAGAの症状に当てはまると言われているほどの症状です。
AGAは具体的にどんな症状なのでしょうか。
みていきましょう。
AGAは世界的な症状で、ハミルトン医師とノーウッド医師によるハミルトン・ノーウッド分類とよばれる分類が有名です。
このハミルトンノーウッド分類によると、第1段階~第3段階にまで分類することができるとされていて、
主に頭頂部のつむじの部分が薄くなっていたり、
生え際の部分が薄くなるいわゆるM字ハゲもAGAの一種と分類することができます。
AGAになるとどうなる??
AGAの初期段階だと、ほとんどの方が自分がAGAであるという自覚症状がないことがおおいです。
しかしながら潜在的にAGAになっている方も多く存在します。
AGAのままほうっておくと頭頂部がハゲてきたり、生え際から薄くなっていくことが考えられるので注意が必要です。
また、AGAは側頭部はハゲないのが特徴的です。
そしていわゆる円形脱毛症や、脂漏性脱毛症といった症状はAGAではないので、また別の機会にご説明できればと思います。
女性もAGAになる??
そして女性もAGAになることはあるのでしょうか。
女性の場合はAGAになることはありません。
そのかわりFAGAという女性男性型脱毛症という症状になることがあります。
メカニズム自体は異なり、また男性のようにツルッツルになくなってしまうということはないのですが、
全体の髪の毛が軟毛化していき、徐々に薄くなっていくのが特徴的です。
女性の場合産後に発生する分娩後脱毛症などその他の脱毛症も考えられます。
ご自身の薄毛が何に当てはまるのかをしっかりと見極めていくことが大切といえますね。

AGAの病院はどこがおすすめ?

  AGAの病院に行こう!
とおもってもいざ病院を探すと数多くの病院がたくさん出てきてどこがいい病院かぜんぜん分からない..
そんな風に悩んでいる方も多いと思います。
今回はAGAの病院を選んでいくにあたって大事なポイント、
そしてAGAのおすすめの病院をご紹介していきます。
今回の記事を見る前に、しっかりとAGAの原因と対策についての理解は終わっていますか?
AGAの病院を選ぶ前に、自分なりに「自分はAGAなのかどうか」「AGAはどのように対策していくことが可能なのか」というAGAの治療の流れについてしっかりとした理解を持った上で今回の記事を読むようにして下さい。
今回の記事を読んでいる方は何歳の方が多いでしょうか。
おそらく男性の方がメインで女性の方で見ている方は少ないと思います。
AGAは男性の症状で、女性には似たような症状にFAGAとよばれる症状があります。
また女性にはびまん性脱毛症とよばれる症状もあるように他にも多くの脱毛症状が存在します。
女性の方はそのようなキーワードでぜひ調べてみてくださいね。
そして今回の病院やクリニックの記事を読むことで10代から60代(おそらくですが、、)のAGA治療がうまくいくことを願っています。

AGAの治療ができる病院選びの仕方

それではまずAGAの治療ができるおすすめの病院選びの方法からご紹介していきますね。

1.実績があるクリニックを選ぶ

1つ目の大切なクリニック選びの方法としては、「多くの患者を治療してきた実績のあるクリニックを選ぶ」ことが大切です。
AGAの治療ができるということを謳っているクリニックやサロンは多く存在しますが、
AGAの治療に専念していて、かつ多くの患者さんをしっかりと治療してきた実績のあるクリニックというとある程度数は絞られていきます。
AGA治療もやってるらしい。と適当に見たことのある病院に行くのではなく、
しっかりと実績があるかどうかを調べた上で行くことが続けていく上では大切です。

2.通いやすいクリニックを選ぶ

もう一つの特徴は通いやすいクリニックを選ぶことが大切です。
あまりにも遠くに通うことになってしまったり、交通の面で不便なクリニックに通うことになってしまうと通うことが億劫になってしまいます。
自分が続けていく上で辛くないなと言う距離感のクリニックを受診していくようにしましょう。
おすすめのクリニック
さて、それではおすすめのクリニックを2つご紹介します。
AGAスキンクリニック
1つはAGAスキンクリニック。
全国各地に展開しているのが特徴的なクリニックです。
本当に全国各地に展開しているので、基本的に日本中の人殆どの人が通いやすいクリニックでしょう。
そしてたくさんの患者さんを治療しているので安心して治療を受けることができます。
ゴリラクリニック
もう一つはゴリラクリニック。
脱毛でも知名度の高いクリニックですが、AGAの治療でも有名です。
独自のミノフィアGという薬を処方してくれるのが面白いクリニックでもあります。
可愛らしい雰囲気のロゴもいいですね。
無料カウンセリングにいってみるのもありだとおもいますよ。

AGAの対策方法

AGAの対策方法にはどんなものがあるでしょうか。
AGAの原因についての記事はご覧いただきましたでしょうか。
まずはAGAの原因からしっかりと抑えていくことが大切です。
AGAの原因について理解したら、次に今回の対策を見てみてください。
そして原因と対策についての理解が深まったら、後はその対策を着実に実行していくことが大切です。
何事も実行していかなければ改善することはありません。
今回の読者さんの年齢はおそらく10代から60代まで幅広いものだと思いますが
しっかりと対策をすることであなたの薄毛やAGAが改善し、ハゲていない状態で素晴らしい日常生活を送られることを願っています。
それでは、早速ですが、AGAの対策方法にはどんな対策方法があるかということをご紹介していきます。

AGAの対策方法

AGAの対策方法を代表して2つご紹介していきますが、
その前にそもそものAGAやハゲや薄毛のメカニズムについて知っておく必要があります。
毛髪や髪の毛にはヘアサイクルと言われる毛周期があるのをご存知でしょうか。
ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの期間があります。
そしてこの3つのサイクルを人は一生のうちに15回ほど繰り返していくと言われています。
しかし薄毛の人はこのヘアサイクルのリズムが一定ではなく、乱れてしまうために薄毛になってしまうのです。
例えば成長期にあってもっと伸びていくと思われていた髪の毛が休止期に移行することで抜けていく休止期脱毛や、成長期にあって、伸びるはずの髪の毛が成長しなくなってしまう成長期脱毛と呼ばれるものがあります。
AGAは前者の休止期脱毛といわれるもので、毛母細胞が働かなくなってしまうために発生してしまうといわれています。
このヘアサイクルの乱れを改善していくことがAGAの対策には必要になってくるのです。

1.育毛剤による対策

その上で1つ目の対策方法としては育毛剤による対策が考えられます。
※ここでいう育毛剤とはいわゆるスカルプエッセンスや発毛剤も含みます。
育毛剤の中には毛母細胞を活性化させる作用のあるものや、ジヒドロテストステロンの原因になる5αリダクターゼを抑制する成分が配合されたものもあるため、
AGAの抜け毛や薄毛対策をすることが可能です。
また副作用のリスクが小さいのも特徴的で、比較的対策しやすい方法と言えるでしょう。

2.AGAクリニックの受診による対策

もう一つの対策方法はAGAクリニックの受診による対策方法です。
AGAクリニックでは「ミノキシジル」、そして「フィナステリド」といった発毛のための治療薬を処方してもらうことが可能です。
ミノキシジルは毛母細胞の分裂を活発化させる作用、
そしてフィナステリドは5αリダクターゼを抑制することによって抜け毛を抑制する作用を期待することができます。
これらの薬には副作用もあるため、副作用のリスクも理解した上で治療していくことが大切です。

AGAの原因

AGAの原因には何が考えられるのでしょうか。
問題があれば、必ず原因が存在します。
このページを見ているのは10代の方から、60代程度の方まで幅広くいらっしゃると思います。
女性の方もいらっしゃることでしょう。
AGAの原因をしり、そして次に考えていくべきはどのように対策をしていくかということです。
AGAの原因から対策までを一気通貫して抑えていくためにも、今回のコンテンツで何がAGAの原因かをまずはしっかりと抑えていってもらえたらなと思います。
そしてあなたのAGAの対策がうまくいくことを願っています。
AGAの原因は主に2つあります。1つは「遺伝」です。
AGAのメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターぜが結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)といわれる抜け毛のホルモンが生まれることに起因します。
そしてジヒドロテストステロンが男性ホルモンレセプターに結びつくことでTGF-β1という因子がうまれます。
このTGF-β1は角化細胞が生まれるのを強力に抑制したり、アポトーシス(細胞の死)を起こさせることで知られています。
このTGF-β1をマウスに打つと脱毛します。
つまりAGAの発症にはこのTGF-β1が重要な鍵を握っているのです。
そしてTGF-β1の生成にかかわる男性ホルモンレセプターですが、この男性ホルモンレセプター(アンドロゲンレセプター)の感受性は遺伝的要素が大きいです。
つまり男性ホルモンレセプターが遺伝的に感受性が高いものだとジヒドロテストステロンと結合しやすく、TGF-β1が多く発生しやすくなってしまうのです。
こうした遺伝的要素は深く関わって入るものの、AGAは遺伝的要素だけが原因ではないことも徐々に明らかになってきています。
これは日頃の生活習慣の乱れや食生活の乱れなどがAGAの原因の要素になりうるということです。
日頃の食生活で、炭水化物ばかり摂取してタンパク質やビタミンやミネラルといった栄養の摂取が少ない人は、現任になりうるので日頃の生活を見直すようにしましょう。
タンパク質は特に大切で、体の組織を作っていく上でほとんどすべての組織にかかわってもいます。
肉や魚などを積極的に食べるようにしましょう。
また、喫煙も厳禁です。
喫煙することによって活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を老化させてしまう作用があり、これは髪の毛を生成する毛母細胞についても同じことがいえます。
喫煙をひかえるのは愛煙家の方にとってはなかなか難しいことではありますが、
薄毛を治していくためです。
ここは割り切って、頑張って禁煙していきましょう。
その他紫外線も気をつけましょう。
紫外線はビタミンDの合成にも関わっているので、一概に悪いとも言い切ることができないのですが、紫外線が当たることによって活性酸素が発生してしまいます。
先程お伝えしたように抜け毛や薄毛の原因になってしまうので、なるべく避けるように心がけて下さい。

AGA治療の副作用

AGAの治療における副作用にはどんなものがあるのでしょうか。
今回はAGAの治療方法と、その治療方法における副作用のリスクについて解説していきたいと思います。

AGAの治療方法と副作用

1.AGAの治療方法

まずAGAの治療方法ですが、一般的にはミノキシジルとフィナステリドという薬をしようして治療していきます。
ミノキシジルは血管の拡張作用があり、毛母細胞の分裂を活性化せる作用があるkとで知られています。
ミノキシジルの治療薬には内服薬のもの、そしてリアップやロゲインなどの外用剤のものの2種類ありますがどちらを使用しても問題ありません。
フィナステリドが配合されている薬の代表的な存在としてはプロペシアがあります。
フィナステリドには抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンの生成の要因になる5αリダクターゼを抑制する作用があることで知られています。
そのためフィナステリドを服用することで抜け毛や薄毛を防いでいくことが期待できるのです。

2.AGAの治療による副作用

さてそれではそれらの薬を服用することによる副作用のリスクについてみていきましょう。
ミノキシジルの使用による副作用のリスクにはかゆみや発疹、心不全と言った副作用があげられます。
しかし重篤な副作用のリスクは比較的低く、かゆみや発疹に関してはなる確率が高いと思っておいたほうがいいでしょう。
またミノキシジルを服用して1ヶ月~2ヶ月の頃であれば、「初期脱毛」という抜け毛の症状になることが考えられます。
これはミノキシジルによってヘアサイクル(毛周期)が改善し、そのせいで乱れていたヘアサイクルが正常に戻ろうとして起こることです。
そのため発毛や育毛の観点からは大切なことなので、問題なく受け入れていきましょう。
フィナステリドの使用による副作用のリスクには精力減退や、ED(勃起不全)、そして抑うつなどの症状が発生する副作用のリスクがあるといわれています。
そしてこれらの症状が発生する可能性も4%前後あると言われているので、
薬を飲む約20人に1人程度に発症するリスクがあると考えられます。
また女性の方はフィナステリドの使用は厳禁です。
フィナステリドを使用することによって妊娠を控えている女性や妊娠中の女性にとって胎児に悪影響を及ぼすリスクが有ることで知られてます。
絶対に女性は服用しないようにしましょう。
3.AGAの治療薬はクリニックで処方してもらいましょう。
AGAの副作用について見ていきましたが、副作用のリスクのある薬です。
ミノキシジルやフィナステリドのこれらの薬はしっかりとクリニックで処方してもらうことで副作用が万が一発生してしまっても対処法について医師に相談することができます。
しっかりと実績のある信頼できるクリニックでぜひ処方してもらうようにしてください。

AGAの治療に使用される薬の種類と解説

AGAの治療に使用される薬にもさまざまな薬があるのをご存知でしょうか。

今回はAGAの治療に使われる薬の種類をご紹介していくとともに、

それぞれの薬にはどのような効果を期待できるのかということについて解説していきます。

ミノキシジルタブレット

効果:頭皮の血管を拡張することによって、頭皮の血流を良くする作用がある。

副作用:

副作用のリスクはそこまでありませんが、ミノキシジルを服用している人の多くが服用してから手の甲の毛が濃くなったり、腕の毛が濃くなったりするといった髪の毛以外の部分の多毛症を経験しているようです。

また、副作用のリスクとして、頭痛を感じたり、精力減退の副作用のリスクもあるようですね。

プロペシア

効果:5αリダクターゼを抑制する作用がある

副作用:プロペシアに配合されているフィナステリドには、4%程度で副作用になるリスクが有ると言われているようです。

具体的には、抑うつ、勃起不全、精力減退といった副作用になってしまうリスクがあります。

ファイザー

効果:フィナステリドを配合。5αリダクターゼを抑制する作用

副作用:フィナステリド配合による抑うつや勃起不全、精力減退のリスク

フィナステリドを0.2mg配合しているタイプと、1mg配合されているタイプの2つが提供されています。

フィンペシアやエフペシアといった個人の輸入代行業者を通じてインターネットで入手することは偽造品のリスクや、健康被害のリスクもありました。

しかしファイザーは国内の医療機関で処方されるタイプのジェネリック医薬品なので、偽造されているリスクが極端に低く、安心して飲めるのもぽいんとといえるでしょう。

ザカーロ(デュタステリド)

効果:ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する作用。プロペシアよりも強くジヒドロテストステロンを抑制する。

副作用:女性は服用はもちろん、触るのも厳禁。

ザカーロは血中濃度を上昇させる副作用がある薬でもあるため、肝機能が弱い方は注意が必要です。

AGAの治療薬の解説をしていきました。

AGAの治療薬について解説していきましたが、色んな薬があるので選ぶのが難しかったりしますよね。

また個人輸入で入手することも技術的には可能です。

特にGoogle翻訳を使用すれば海外のサイトでも購入することが可能です。

とはいえ、個人輸入だと偽物の可能性も非常にあり、厚生労働省も注意勧告を行っています。

AGAスキンクリニックや、ゴリラクリニックなど有名なAGAのためのクリニックも数多く存在しています。

無料のカウンセリングも行ってもいます。

まずはしっかりとした医療機関で自分の状態を確認してもらってから、AGAの薬を使用し始めることをおすすめします。