AGAの原因

AGAの原因には何が考えられるのでしょうか。
問題があれば、必ず原因が存在します。
このページを見ているのは10代の方から、60代程度の方まで幅広くいらっしゃると思います。
女性の方もいらっしゃることでしょう。
AGAの原因をしり、そして次に考えていくべきはどのように対策をしていくかということです。
AGAの原因から対策までを一気通貫して抑えていくためにも、今回のコンテンツで何がAGAの原因かをまずはしっかりと抑えていってもらえたらなと思います。
そしてあなたのAGAの対策がうまくいくことを願っています。
AGAの原因は主に2つあります。1つは「遺伝」です。
AGAのメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターぜが結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)といわれる抜け毛のホルモンが生まれることに起因します。
そしてジヒドロテストステロンが男性ホルモンレセプターに結びつくことでTGF-β1という因子がうまれます。
このTGF-β1は角化細胞が生まれるのを強力に抑制したり、アポトーシス(細胞の死)を起こさせることで知られています。
このTGF-β1をマウスに打つと脱毛します。
つまりAGAの発症にはこのTGF-β1が重要な鍵を握っているのです。
そしてTGF-β1の生成にかかわる男性ホルモンレセプターですが、この男性ホルモンレセプター(アンドロゲンレセプター)の感受性は遺伝的要素が大きいです。
つまり男性ホルモンレセプターが遺伝的に感受性が高いものだとジヒドロテストステロンと結合しやすく、TGF-β1が多く発生しやすくなってしまうのです。
こうした遺伝的要素は深く関わって入るものの、AGAは遺伝的要素だけが原因ではないことも徐々に明らかになってきています。
これは日頃の生活習慣の乱れや食生活の乱れなどがAGAの原因の要素になりうるということです。
日頃の食生活で、炭水化物ばかり摂取してタンパク質やビタミンやミネラルといった栄養の摂取が少ない人は、現任になりうるので日頃の生活を見直すようにしましょう。
タンパク質は特に大切で、体の組織を作っていく上でほとんどすべての組織にかかわってもいます。
肉や魚などを積極的に食べるようにしましょう。
また、喫煙も厳禁です。
喫煙することによって活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を老化させてしまう作用があり、これは髪の毛を生成する毛母細胞についても同じことがいえます。
喫煙をひかえるのは愛煙家の方にとってはなかなか難しいことではありますが、
薄毛を治していくためです。
ここは割り切って、頑張って禁煙していきましょう。
その他紫外線も気をつけましょう。
紫外線はビタミンDの合成にも関わっているので、一概に悪いとも言い切ることができないのですが、紫外線が当たることによって活性酸素が発生してしまいます。
先程お伝えしたように抜け毛や薄毛の原因になってしまうので、なるべく避けるように心がけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です