AGA治療の副作用

AGAの治療における副作用にはどんなものがあるのでしょうか。
今回はAGAの治療方法と、その治療方法における副作用のリスクについて解説していきたいと思います。

AGAの治療方法と副作用

1.AGAの治療方法

まずAGAの治療方法ですが、一般的にはミノキシジルとフィナステリドという薬をしようして治療していきます。
ミノキシジルは血管の拡張作用があり、毛母細胞の分裂を活性化せる作用があるkとで知られています。
ミノキシジルの治療薬には内服薬のもの、そしてリアップやロゲインなどの外用剤のものの2種類ありますがどちらを使用しても問題ありません。
フィナステリドが配合されている薬の代表的な存在としてはプロペシアがあります。
フィナステリドには抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンの生成の要因になる5αリダクターゼを抑制する作用があることで知られています。
そのためフィナステリドを服用することで抜け毛や薄毛を防いでいくことが期待できるのです。

2.AGAの治療による副作用

さてそれではそれらの薬を服用することによる副作用のリスクについてみていきましょう。
ミノキシジルの使用による副作用のリスクにはかゆみや発疹、心不全と言った副作用があげられます。
しかし重篤な副作用のリスクは比較的低く、かゆみや発疹に関してはなる確率が高いと思っておいたほうがいいでしょう。
またミノキシジルを服用して1ヶ月~2ヶ月の頃であれば、「初期脱毛」という抜け毛の症状になることが考えられます。
これはミノキシジルによってヘアサイクル(毛周期)が改善し、そのせいで乱れていたヘアサイクルが正常に戻ろうとして起こることです。
そのため発毛や育毛の観点からは大切なことなので、問題なく受け入れていきましょう。
フィナステリドの使用による副作用のリスクには精力減退や、ED(勃起不全)、そして抑うつなどの症状が発生する副作用のリスクがあるといわれています。
そしてこれらの症状が発生する可能性も4%前後あると言われているので、
薬を飲む約20人に1人程度に発症するリスクがあると考えられます。
また女性の方はフィナステリドの使用は厳禁です。
フィナステリドを使用することによって妊娠を控えている女性や妊娠中の女性にとって胎児に悪影響を及ぼすリスクが有ることで知られてます。
絶対に女性は服用しないようにしましょう。
3.AGAの治療薬はクリニックで処方してもらいましょう。
AGAの副作用について見ていきましたが、副作用のリスクのある薬です。
ミノキシジルやフィナステリドのこれらの薬はしっかりとクリニックで処方してもらうことで副作用が万が一発生してしまっても対処法について医師に相談することができます。
しっかりと実績のある信頼できるクリニックでぜひ処方してもらうようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です