AGAの症状についての解説

AGAの原因についての記事は読んでいただけたでしょうか。

AGAの対策についてや副作用についても説明していますが、AGAは解決することのできる症状です。

治療の期間はだいたい半年以上はかかるとされていますが、多くの方が半年から1年程度で改善することができるといわれています。

またAGAクリニックによる治療方法以外にも、育毛剤や発毛剤、養毛剤を使ったような治療方法も存在しています。

今回はまずAGAがどんな症状で、どんな症状だったら自分はAGAに当てはまるのかどうかということをわかりやすく理解しやすい形でご紹介していきます。

読者の方は10代から50代、60代の人まで幅広くいらっしゃると思いますが、

どの世代の方にも共通してありうる症状なので、安心して読んでみてくださいね。

AGAはどんな症状?

AGAは男性型脱毛症といわれる症状で、ハゲや薄毛に悩む男性のほとんどがこのAGAという症状に当てはまると言われています。
特に40代になると30%以上の方がこのAGAの症状に当てはまると言われているほどの症状です。
AGAは具体的にどんな症状なのでしょうか。
みていきましょう。
AGAは世界的な症状で、ハミルトン医師とノーウッド医師によるハミルトン・ノーウッド分類とよばれる分類が有名です。
このハミルトンノーウッド分類によると、第1段階~第3段階にまで分類することができるとされていて、
主に頭頂部のつむじの部分が薄くなっていたり、
生え際の部分が薄くなるいわゆるM字ハゲもAGAの一種と分類することができます。
AGAになるとどうなる??
AGAの初期段階だと、ほとんどの方が自分がAGAであるという自覚症状がないことがおおいです。
しかしながら潜在的にAGAになっている方も多く存在します。
AGAのままほうっておくと頭頂部がハゲてきたり、生え際から薄くなっていくことが考えられるので注意が必要です。
また、AGAは側頭部はハゲないのが特徴的です。
そしていわゆる円形脱毛症や、脂漏性脱毛症といった症状はAGAではないので、また別の機会にご説明できればと思います。
女性もAGAになる??
そして女性もAGAになることはあるのでしょうか。
女性の場合はAGAになることはありません。
そのかわりFAGAという女性男性型脱毛症という症状になることがあります。
メカニズム自体は異なり、また男性のようにツルッツルになくなってしまうということはないのですが、
全体の髪の毛が軟毛化していき、徐々に薄くなっていくのが特徴的です。
女性の場合産後に発生する分娩後脱毛症などその他の脱毛症も考えられます。
ご自身の薄毛が何に当てはまるのかをしっかりと見極めていくことが大切といえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です