AGAの対策方法

AGAの対策方法にはどんなものがあるでしょうか。
AGAの原因についての記事はご覧いただきましたでしょうか。
まずはAGAの原因からしっかりと抑えていくことが大切です。
AGAの原因について理解したら、次に今回の対策を見てみてください。
そして原因と対策についての理解が深まったら、後はその対策を着実に実行していくことが大切です。
何事も実行していかなければ改善することはありません。
今回の読者さんの年齢はおそらく10代から60代まで幅広いものだと思いますが
しっかりと対策をすることであなたの薄毛やAGAが改善し、ハゲていない状態で素晴らしい日常生活を送られることを願っています。
それでは、早速ですが、AGAの対策方法にはどんな対策方法があるかということをご紹介していきます。

AGAの対策方法

AGAの対策方法を代表して2つご紹介していきますが、
その前にそもそものAGAやハゲや薄毛のメカニズムについて知っておく必要があります。
毛髪や髪の毛にはヘアサイクルと言われる毛周期があるのをご存知でしょうか。
ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの期間があります。
そしてこの3つのサイクルを人は一生のうちに15回ほど繰り返していくと言われています。
しかし薄毛の人はこのヘアサイクルのリズムが一定ではなく、乱れてしまうために薄毛になってしまうのです。
例えば成長期にあってもっと伸びていくと思われていた髪の毛が休止期に移行することで抜けていく休止期脱毛や、成長期にあって、伸びるはずの髪の毛が成長しなくなってしまう成長期脱毛と呼ばれるものがあります。
AGAは前者の休止期脱毛といわれるもので、毛母細胞が働かなくなってしまうために発生してしまうといわれています。
このヘアサイクルの乱れを改善していくことがAGAの対策には必要になってくるのです。

1.育毛剤による対策

その上で1つ目の対策方法としては育毛剤による対策が考えられます。
※ここでいう育毛剤とはいわゆるスカルプエッセンスや発毛剤も含みます。
育毛剤の中には毛母細胞を活性化させる作用のあるものや、ジヒドロテストステロンの原因になる5αリダクターゼを抑制する成分が配合されたものもあるため、
AGAの抜け毛や薄毛対策をすることが可能です。
また副作用のリスクが小さいのも特徴的で、比較的対策しやすい方法と言えるでしょう。

2.AGAクリニックの受診による対策

もう一つの対策方法はAGAクリニックの受診による対策方法です。
AGAクリニックでは「ミノキシジル」、そして「フィナステリド」といった発毛のための治療薬を処方してもらうことが可能です。
ミノキシジルは毛母細胞の分裂を活発化させる作用、
そしてフィナステリドは5αリダクターゼを抑制することによって抜け毛を抑制する作用を期待することができます。
これらの薬には副作用もあるため、副作用のリスクも理解した上で治療していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です