AGAの治療に使用される薬の種類と解説

AGAの治療に使用される薬にもさまざまな薬があるのをご存知でしょうか。

今回はAGAの治療に使われる薬の種類をご紹介していくとともに、

それぞれの薬にはどのような効果を期待できるのかということについて解説していきます。

ミノキシジルタブレット

効果:頭皮の血管を拡張することによって、頭皮の血流を良くする作用がある。

副作用:

副作用のリスクはそこまでありませんが、ミノキシジルを服用している人の多くが服用してから手の甲の毛が濃くなったり、腕の毛が濃くなったりするといった髪の毛以外の部分の多毛症を経験しているようです。

また、副作用のリスクとして、頭痛を感じたり、精力減退の副作用のリスクもあるようですね。

プロペシア

効果:5αリダクターゼを抑制する作用がある

副作用:プロペシアに配合されているフィナステリドには、4%程度で副作用になるリスクが有ると言われているようです。

具体的には、抑うつ、勃起不全、精力減退といった副作用になってしまうリスクがあります。

ファイザー

効果:フィナステリドを配合。5αリダクターゼを抑制する作用

副作用:フィナステリド配合による抑うつや勃起不全、精力減退のリスク

フィナステリドを0.2mg配合しているタイプと、1mg配合されているタイプの2つが提供されています。

フィンペシアやエフペシアといった個人の輸入代行業者を通じてインターネットで入手することは偽造品のリスクや、健康被害のリスクもありました。

しかしファイザーは国内の医療機関で処方されるタイプのジェネリック医薬品なので、偽造されているリスクが極端に低く、安心して飲めるのもぽいんとといえるでしょう。

ザカーロ(デュタステリド)

効果:ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する作用。プロペシアよりも強くジヒドロテストステロンを抑制する。

副作用:女性は服用はもちろん、触るのも厳禁。

ザカーロは血中濃度を上昇させる副作用がある薬でもあるため、肝機能が弱い方は注意が必要です。

AGAの治療薬の解説をしていきました。

AGAの治療薬について解説していきましたが、色んな薬があるので選ぶのが難しかったりしますよね。

また個人輸入で入手することも技術的には可能です。

特にGoogle翻訳を使用すれば海外のサイトでも購入することが可能です。

とはいえ、個人輸入だと偽物の可能性も非常にあり、厚生労働省も注意勧告を行っています。

AGAスキンクリニックや、ゴリラクリニックなど有名なAGAのためのクリニックも数多く存在しています。

無料のカウンセリングも行ってもいます。

まずはしっかりとした医療機関で自分の状態を確認してもらってから、AGAの薬を使用し始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です